スポンサードリンク

アロエの歴史

アロエは医者要らずという言葉の通り、アロエを食べたり体に塗ったりなど様々な方法で体内に取り込み、火傷治療から胃腸病、便秘、風邪などたくさんの病気に効果を発揮します。

アロエの歴史は古く、古代エジプトで用いられていた薬草パピルスが最も古い記録として残っています。
日本でアロエが薬草として利用され始めたのは、はっきりとした事は定かではありませんが、鎌倉時代にポルトガルの宣教師がキリスト教と共に日本に持ち込んだ事が伝えられています。
アロエは元々暖かい地方の植物で、アフリカの地中海海岸が原産国となっておりますが、その種類も多数有り、現在日本でよく見かけるアロエの種類は日本の気候に適したキダチアロエを主に栽培しています。
現在栽培されているアロエは、九州や四国などで山野に自生しており、観賞用や薬草の目的で作られています。

江戸時代の文献での中には、味が苦くて病気の元を殺すと書かれていた書物があり、当時「蘆薈」と呼ばれていたアロエは南アフリカから中国に伝わり、更に日本に入ってきたものだといわれています。
中国でも「開宝本草」にアロエの効果が記されている事から、中国でも古くから薬草として利用されていた事がわかります。
この当時中国から入ってきたアロエは薬草として伝えられたもので、観賞用の植物としては利用されていませんでした。
アロエの種類は南アフリカのケープ湾から伝わったケープアロエだといわれています。
鎌倉時代に宣教師が持ち込んだアロエは日本でも馴染みの深いキダチアロエで、中国から持ち込まれたアロエとは種類が違います。

スポンサードリンク

このページのTOPへ戻る


footline