スポンサードリンク

やけど

昔から火傷にはアロエと言われるほど、アロエが火傷に良い事は良く知られています。
アロエが効く病気の中でも火傷は最も効果があり、消炎効果や殺菌効果により火傷治療に用いられます。

火傷の段階にも色々ありますが、赤くなる程度の軽いもの、水ぶくれが出来る中度のものではアロエによる治療は可能ですが、黒くやけたりする重度の火傷では生命にかかわる事もあるので早急に医師の治療が必要になってきます。
また、火傷の症状が軽度でも広い範囲に及んでしまった場合では、体中の水分が抜け出てしまい脱水症状をおこしたり、皮膚呼吸を妨げるために呼吸困難になる恐れもあります。
乳児では体の10%、大人では30%の火傷が合った場合は生命の危険があるとされています。

アロエは消炎作用があり免疫力の落ちた火傷の部分から細菌が入り込むのを防ぐ事が出来ます。
また、細胞を活性化させる効果も持ち、傷の直りを早くさせるため、傷跡が残らずに治す事が出来るといわれています。
アロエで治る軽度の火傷になった場合は、最初に冷水で冷やす事が重要です。
衣類の上から火傷をした場合は無理に衣類をはがそうとしないで、そのままの状態で冷やします。
衣類が皮膚に付着して取れないような場合は火傷が重度になっている可能性もあるので、早めに病院にかかる事をお勧めします。
軽度の火傷の場合やアロエのゼリー状態の部分を患部に直接あてて、ずれないように包帯などで固定しておきます。
市販されている薬品では薬品やアレルギーを起こす可能性の物質が含まれていますが、アロエは天然成分のため傷跡も残らない方法です。

スポンサードリンク

このページのTOPへ戻る


footline