スポンサードリンク

歯痛・口内炎

虫歯は早期のうちに治療を行なっておけば1日で治す事も出来ますが、治療が嫌な為にそのまま放っておくと神経まで到達してしまい最後には抜いてしまわなければなりません。
適切な歯磨きを行っても歯石は自然とたまり、虫歯の原因となってしまう事があるので、定期健診を行う事が重要です。
初期の虫歯になる前の歯では自然に再石化が起こり虫歯には進行しませんが、一度穴が開いてしまった歯は治る事がありませんから早目の治療を行ないましょう。
歯が痛くなったら歯医者に行く事が先決ですが、休日や忙しい時に限って起こる場合もあります。
その場合は、アロエ汁を痛む部分に塗るか、アロエのゼリー部分を患部に当てておくと痛みが和らぎます。

口の中の病気で非常に多いのが、歯周病、歯槽膿漏、歯肉炎です。
歯周病は歯茎の付け根が炎症を起こし、出血や歯茎のハレが見られます。
歯周病が進行すると歯槽膿漏となり、歯の組織が破壊され歯周ポケットが広がって、歯がぐらぐらする事もあります。
歯肉炎は歯周病の一歩手前の状態を表し、歯垢から有害物質が出て歯茎に炎症を起こします。
これらの病気は出血だけでなく痛みを伴う場合があり、早期の治療にはアロエを用いると良いでしょう。
アロエには細菌の繁殖を抑える働きがあり、炎症を抑え、痛みを緩和する効果があります。
しかし、適切な歯磨きや処置が行なわれずに口の中の病気がひどくなってしまったら、歯が抜けてしまう恐れもあるので早めに専門医にかかってください。

スポンサードリンク

このページのTOPへ戻る


footline