スポンサードリンク

鼻つまりや鼻水を治す民間療法は幾つかありますが、アロエでも効果が期待できます。
鼻に症状が出る時は鼻の中が炎症を起こしている状態なので、アロエの消炎作用が効くというわけです。
綿棒などにアロエの汁を付けて直接鼻の中にある粘膜に塗ります。
炎症が抑えられて鼻つまりや鼻水が改善されます。

アレルギー性鼻炎や花粉症などではアレルゲンが体内に入り込むことで炎症が起きていますから、アレルギーにならない強い体つくりも必要です。
花粉症の治療には微量の花粉を注射で投与し、徐々に花粉に慣らす方法もありますが、免疫力を高めて体を強くする方法も大切です。
また、アレルギーによる鼻水が起きている時に、風邪を引いてしまうと更に悪化させる事がありますので、風邪を引かないようアロエを服用する体質改善をお勧めします。

アロエの民間療法は皮膚炎や火傷の治療にも用いられる事があり、皮膚の炎症を抑え傷の治りを早める力があります。
鼻の中の粘膜も皮膚の一部ですから、アロエによって症状が抑えられる事があるのでしょう。
鼻つまりの民間療法には、どくだみ茶、シソ、テン茶、イチョウ葉、アロエ汁など色々な方法がありますが、鼻水を押さえる働きというよりは自然治癒力を高め炎症を抑えたり、膿をだす効果の方が強いです。
慢性的な鼻の病気ではその症状を完全に抑える事は難しいと思いますが、急性的な鼻の病気には効果を発揮するでしょう。
アロエは直ぐに効くものではなく、長期的に利用する事が望ましく、ゆっくりと体質改善を行なっていく方が向いています。
アレルギーの根本から治さなければならない場合は専門医の治療と共にアロエの治療を行う事が求められます。

スポンサードリンク

このページのTOPへ戻る


footline