スポンサードリンク

アロエの抗がん成分

アロエは火傷治療や傷薬など外部から塗る方法、葉を食したり煎じて飲む体の内部から取り入れる方法など様々な民間療法が昔からありましたが、戦後日本では学者によってその薬理作用が証明されており、昭和44年にアロエがガン抑制効果があると発表されてから更に人気が出ました。

アロエは様々な薬として利用されてきましたが、中でもアロイン・アロエエモジン・アロエチン・アロミチン・アロエウルシンなどの有効成分が解明されています。
アロエには細菌やウイルスを殺す働きや、細菌の出す毒素を中和する働きがあるとされており、学者が実験を行なった結果アロエに含まれるアロミチンには抗がん作用がある事が分かりました。
また、アロエウルシンには細胞組織の傷を修復する働きがあると言われており、活性酵素により破壊されている細胞を修復する効果が期待できます。

現在の医学ではガンになると抗がん剤の投与など効果的な方法もありますが、副作用が強く患者に苦痛を与えてしまう事は事実です。
アロエの抗がん成分は薬のように即効性が無いので時にはガンの進行に効果を発揮しない場合も有ると思いますが、長期間服用を行なっていれば抗酸化作用や細胞を修復する作用などによってガンに進行する事を防ぐ事が出来ます。
また、アロエは植物の為副作用がほとんどないので、長期間の服用も問題なく、ガンの進行を食い止める事やガンにならない為に服用するだけでなく、免疫力も強くなる働きがある為病気に強い体にすることも出来るでしょう。

スポンサードリンク

このページのTOPへ戻る


footline