アロエと慢性病 目次

便秘

膀胱炎
胃腸病
頭痛
ぜんそく
冷え性

スポンサードリンク

膀胱炎

仕事柄トイレに行く時間が決まっている人などでは、排尿を我慢してしまう為膀胱炎になり易いと言われています。
膀胱炎にかかる原因は尿道に細菌が入り込んだ為で、尿道が短い女性に多く見られる病気です。
症状は排尿の感覚が短くなる、排尿痛、残尿感などがあり、膀胱炎にならない為には排尿を我慢しない事と尿道周辺を清潔に保つ事が重要となっています。

膀胱炎の細菌感染のほとんどが大腸菌の感染であることから、消炎作用のあるアロエは効果のある治療方法です。
慢性的な膀胱炎の時にはアロエの絞り汁を塗るだけでなく、アロエの生葉を服用することでも予防効果があります。

膀胱は細菌感染に弱い場所なので女性なら一度はかかった事があると言われる程ポピュラーな病気で、体力の弱っている人などは細菌を殺す力が弱っている為になりやすいようです。
アロエを服用する事で体力をアップし、細菌やウイルスなどの感染予防を行なっておくと良いでしょう。
アロエを服用しても中々膀胱炎が治らない場合や、膀胱炎が治っても直ぐに再発してしまう時には違う病気による原因も考えられますから、医師の診察を受けて正しい治療を行なってください。
アロエの消炎効果は非常に効果がありますが、他の病気も併発している場合はそちらを先に治す方が先決です。
アロエを服用する事は体力アップや免疫力をアップする効果があり、膀胱炎などの細菌性の病気から風邪などのウイルスせいの病気まで幅広く効果が期待できます。

スポンサードリンク

このページのTOPへ戻る


footline