アロエと慢性病 目次

便秘

膀胱炎
胃腸病
頭痛
ぜんそく
冷え性

スポンサードリンク

胃腸病

胃腸は強いストレスにより胃のむかつき、胃が痛む、食欲が落ちるなどの症状が起こります。
ひどい場合では胃潰瘍になり専門的な治療が必要な場合もあるので、ストレスの原因を取り除き、休日にはリフレッシュできる環境作りが必要となってきます。
胃腸が弱い人は精神的にダメージを受けやすい人や、日常から強いストレスを受ける仕事に就いている人に多く見られ、生活環境を変える事やメンタル面での強化つくりを行なわなければなりません。
しかし、それらを実際に行なうのは難しい場合は、アロエによる胃腸の保護を行なってみましょう。

アロエは胃腸などの粘膜にある傷を修復する役割を持ち、細菌や胃液などから守ります。
また、胃腸が弱っている時には食べ物を消化吸収する働きが鈍っているので、アロエを服用し新陳代謝を良くすると食欲も改善されます。
胃腸の回復を望むならアロエの生葉が一番効果がありますが、苦味があるので絞り汁を飲んだり、粉末状のアロエをオブラートに包んで飲むと良いでしょう。
飲む場合は食べたものを消化し、吸収を良くする意味で食後30分以内に飲むのが効果的です。
アロエの生葉は効果が高い代わりに胃腸が弱っている人には刺激が強いようなので、胃に何も入っていない時に服用する事は避けたほうが良いでしょう。
逆に胃壁を傷つけ、かえって胃腸の調子を悪くしてしまう恐れがあります。
刺激が強いと感じられた時には服用を中止するか、効果が弱められるアロエ汁の上澄み液などを服用すると良いでしょう。
効力が薄い代わりに長期間の服用に優れています。

スポンサードリンク

このページのTOPへ戻る


footline