アロエと慢性病 目次

便秘

膀胱炎
胃腸病
頭痛
ぜんそく
冷え性

スポンサードリンク

ぜんそく

ぜんそくはアレルギー体質の人が増えている事から、子供から大人までかかる病気となっています。
アレルギーを起こす因子は様々ですが、ハウスダストやダニなどが原因の場合が多く、アレルギー物質が気管支を通して体内に入り込むと炎症を起こし、呼吸困難や痰がからむなどの症状が起こります。
ぜんそくを起こさない為にはアレルギーの原因となる物質を体内に入れない工夫が必要です。
アトピーや化学物質過敏症、食物アレルギーなどアレルギー体質の人は併発する可能性も高く、生活面でアレルギー因子の排除や生活習慣の改善なども求められます。
ぜんそくの治療ではステロイド吸入や飲み薬で気管支を開かせる治療方法を行いますが、どちらも薬剤であることから副作用の心配があります。
比較的吸入ステロイドは気管支に直接働きかける為、副作用が少ないと言われていますから、アロエによる体質改善などを行ないアレルギーに負けない体つくりを行なってみましょう。

ぜんそくを改善させるには肺を強くする水泳を行なったり、アレルゲンを排除する為に田舎暮らしをして食物も有機野菜中心の食事にすると改善される事もあります。
アロエがぜんそくに働きかけるのは、強いからだ作りを目的とし、アレルゲンを殺したり排除する力はありません。
しかし、アロエの消炎作用は気管支の炎症を沈め、自然治癒力を高めてくれます。
また、ぜんそくは精神的な作用も働く為、自律神経を整えるアロエを服用していると改善される事もあります。
ぜんそくの治療には薬や吸入器の利用は欠かせませんが、副作用をなるべく避ける為に自然界のアロエの治癒力やからだを強くする働きを利用してみましょう。
ぜんそくの人は風邪を引くとぜんそくの症状が悪化する恐れがあるので、アロエにより風邪やウイルスに負けないようにする事も大切です。

スポンサードリンク

このページのTOPへ戻る


footline