アロエと成人病 目次

糖尿病
高血圧
胃・十二指腸潰瘍
低血圧
肝臓病

スポンサードリンク

糖尿病

糖尿病は生活習慣が悪い場合に起こる病気で、食習慣、運動不足、喫煙、飲酒などが関係しています。
糖尿病というと糖を分解できなくなる病気なので糖分を摂りすぎている人に起こる感じがしますが、実際には様々な要因が重なって起こる病気なのです。
最近では子供の中にも肥満の子供が増えてきており、糖尿病や成人病にかかる事も問題となっています。
栄養は豊になりましたが、食事のバランスが乱れ、運動を定期的に行うことの少ない子供達にも糖尿病が増えてきているのです。

糖尿病は喉がかわく、からだがだるい、疲れやすいなどの症状から始まり、症状が悪化すると免疫力の低下が起こり合併症になりやすくなります。
糖尿病の原因であるインスリンの減少が見られると、糖からエネルギーを摂取できなくなり、脂肪からエネルギーを作り始めケトン体を作り出しからだがだるい感じが起こります。
糖尿病の合併症は失明、足が腐る、内臓疾患、皮膚病、肝臓病、神経障害、心臓病などが起こる可能性もありますから、早期発見と早期治療、食事療法などを行なうようにしましょう。

糖尿病にアロエを用いる場合は、アロエの新陳代謝を良くする効果を利用し、運動療法や食事療法と同時に行ないましょう。
適切な食事と運動を心がけ、アロエの相乗効果で減量を行う事が大切です。
インスリン注射を常に打たなければならない状態では昏睡状態に陥る可能性があり、死亡するケースもあるので適切な治療を行ないましょう。
アロエの効果は相乗効果を期待し、体力アップや免疫力の強化に役立てるものであり、糖尿病を治療するものではありません。

スポンサードリンク

このページのTOPへ戻る


footline