スポンサードリンク

よいアロエの見分け方

アロエは自宅で簡単に栽培できる植物なのでアロエによる健康効果を利用するなら、園芸店などでアロエの鉢を入手し自分で育てる方法が良いでしょう。
アロエは増やす事が出来るので、栽培している人から株を分けてもらう方法もあります。
園芸店などで購入を行なう場合は自分の症状に合ったアロエの種類を選び、日本ではキダチアロエやアロエベラなどが一般的ですが、アロエベラの方が生長してもせいぜい1mに満たない大きさなので家庭向きです。
家庭内で栽培を行なう場合は無農薬で育てる事が出来るので、生のままアロエを服用する場合に適しています。
アロエベラは寒さに弱い植物なので冬などでは室内で育てるのが基本です。

園芸店で購入する時は、緑の色が強いもの、触ってみて弾力があり水分量が多いもの、葉が厚みのあるものがお勧めです。
食用にする場合はある程度の大きさがなければ直ぐに無くなってしまうので、6号鉢〜8号鉢くらいの大きさを求めるようにして下さい。
見た目が立派なアロエ鉢はやはり食用としても優れており、元気があって幹がしっかりしているものを選びましょう。
スーパーで野菜を選ぶ時に新鮮なもので、株のしっかりとしたものを選びますがアロエの鉢も野菜を選ぶ基準と同様です。
しかし、アロエを吟味しすぎて入手できない事だけは避けなければなりません。
春先に元気のあるアロエの鉢を見つけたら早めにお買い求める事をお勧めします。
あまり良い鉢が見つからなかった場合は、インターネット販売などを利用し全国から取り寄せる方法もあります。

スポンサードリンク

このページのTOPへ戻る


footline