スポンサードリンク

アロエには太陽光線をたくさん当てる

アロエは暖かい地方の植物の為、気温が高い場所で日光を良く好みます。
露地栽培の場合は直ぐに庭に植えたり、直射日光の当たる室内で栽培することが出来ます。
しかし、ハウス栽培の場合では鉢を置く環境に馴染めなく枯れてしまうことがあるので、徐々に日当たりの良い場所へ慣らすことが重要です。
日当たりが十分好む場所が栽培場所ですが、寒い場所や暖かい場所など頻繁に置き場所を変えるのは避けましょう。
アロエは温度差に弱く栽培場所を頻繁に変えるのはお勧め出来ません。
雪が無い地方では露地栽培を行なう事は可能ですが、凍結する恐れのある地域では鉢植えにして室内で育てる方が良いでしょう。

アロエは元々暖かい地方で乾燥した地域に自生している植物ですから、日当たりの良い水はけの良い用土があれば問題なく育ちます。
日照時間が少ないとアロエの葉の厚みが無くなり、色も薄くなってしまいます。
あまり水をやりすぎると根腐れを起こす事があるので、排水性の良い用土を選び、表面が乾いてきたら水をやるようにしましょう。
アロエの葉を切るとゼリー状のものが出てきますが、この部分を見てみると水分が多くアロエ自体の保水力が強い事が分かります。
その為、水遣りを多少忘れてしまっても枯れる心配が少ないので、忙しい人でも十分育てられる植物です。
夏の暑い時には日中水遣りを行なうと土の温度が上がってしまい根を痛める原因となるので、朝か夕方の涼しい時間帯に水遣りします。
アロエは日光によく当てる、水をやり過ぎない、寒い場所に置かない、肥料をあげ過ぎない事を注意していれば良く、比較的栽培しやすい植物でしょう。

スポンサードリンク

このページのTOPへ戻る


footline