スポンサードリンク

一年に一回植えかえる

どの植物でも同じ事ですが鉢の中という限られた環境で育てていると栄養分が失われ、植物にとって良くない酸性土壌へと傾いてしまいます。
その為、1年に1回程度は植え替えを行わなければなりません。

植え替えを行なわないと十分な栄養素がアロエに行き渡る事が無くなり生育不順を起こし、土の中に空気が少なくなるので排水性を失い、根腐れを起こしてしまうでしょう。
アロエの栽培で重要なのは排水性のよい用土に植えることなので、アロエにとって植え替えは重要な事柄なのです。
アロエは生長も早く、1年経った頃には今まで使っていた鉢では小さすぎる事がありますから、適した鉢を用意しそれに合った環境を作りましょう。

アロエを植え替える時には、元気の無い葉や根腐れを起こしかけている根を取り除きます。
あまり根が張っている場合も多少根を切り落とすと良いでしょう。
鉢の底には排水性の良い用土を入れ、アロエの栽培にあった土を用意しましょう。
アロエを植え替える時にはこれから新芽がでたり、成長が促される春に行うのがベストです。
植え替えは1年中行う事ができますが、やはり植え替えに適しているのは春から梅雨頃までです。
植え替えを行なう時には根を痛める可能性があり、成長が期待できる春先の方が株が元気になるスピードも早くなります。
一時的に葉が茶色くなってきて元気が無い場合でも、今までと同様の管理を行なっていれば新しい元気な根が生えてきて元に戻ります。
特に痛みが激しい葉がある場合はその葉から早めに利用するようにしましょう。
アロエから新しいこどもの株が出てきている場合は株分けを行い、新しい株を育てる事も出来ます。

スポンサードリンク

このページのTOPへ戻る


footline