スポンサードリンク

料理・はちみつ漬け

アロエを手軽に摂取する方法として市販されているアロエヨーグルトを食べる方法があります。
このアロエは甘く味付けされており、子供でも苦味を感じる事がなく食べる事が出来ます。
このようにアロエを手軽に食する方法として、砂糖などで甘く味付けする方法を用いて見ましょう。

砂糖などで味を付けると苦味がなくなりますが、吸収を穏やかにする効果もあるので、子供やお年寄り、胃腸が弱い人などにお勧めです。
アロエの蜂蜜漬けは甘みをつけるだけでなく、蜂蜜に含まれているビタミンやミネラルも同時に摂取する事が出来るので体力が落ちている時にも良いでしょう。
よくスポーツ選手などがレモンの蜂蜜漬けを食べているシーンがありますが、疲れを癒す糖分と酸味が一緒になっているので疲労回復に効果が期待できる食品なのです。

アロエの蜂蜜漬けの材料は、アロエ・レモン・蜂蜜です。
アロエを小さな千切りにして他の材料と一緒に保存ビンにいれて、5〜6日漬け込んで置くだけです。
アロエもレモンもどちらも食べる事が出来ますし、残った汁はソーダ水や焼酎などで割って飲んでも美味しいです。

アロエはキッチン野菜として育てて、新鮮な野菜としても利用する事が出来ます。
そのまま食べると苦味がありますが、熱を加えて調理する事でその苦味を抑えることが出来ます。
アロエは熱にも強く薬効成分が変わることが無いので、料理の材料としても優れています。
サラダや和え物などそのままの状態で食べる時も、調味料などを工夫すれば苦味が無く美味しく食べられます。
アロエの効果はペットにも効果があると言われており、加工してペットのえさに混ぜれば健康の維持が出来るでしょう。

スポンサードリンク

このページのTOPへ戻る


footline